子どもを育てる場やプロジェクトを通して、

世界中の子どもたちや大人とつながっていきたい。

ネパーそして世

 レアーレワールドは活動の輪をさらに広げていきま

●日本&ネパール&世界での活動

サッカープログラム

ヒーロープロジェクトワールドフレンズプロジェクトコーヒープロジェクト  国際交流

●日本での活動

ドリームプロジェクト  カルチャープロジェクト  キッズプロジェクト

アスリートの食育  メンタルコーチング  アスリートメディカル講習  講演

●ネパールでの活動

孤児院サポート  パートナーシップ  FOR KIDS

◆日本&ネパール&世界での活動

サッカープログラム

スポーツは人生に通ずる!特にサッカーは「個の主張をしながら「チームとしての協調性も必要とされ勝ち負けのあるスポーツでであり私たちが生きている社会のあり方そのものと言えます。

サッカーは子どもたちに、生きる強さ、柔軟さ、広い視野、思いやり、努力、自己肯定、他人を認める力、コミュニケーション力を身につける機会を与えてくれます。

子どもたちが夢を追いかけ本気でサッカーに取り組むことを通して人として成長できる場を作る、それがサッカープログラムのねらいです。

少年少女サッカーチームFCレアーレの運営

サッカープロジェクトの基幹となっているのが少年少女サッカーチームFCレアーレの運営です。

サッカーの技術指導だけにとどまらず、子どもたちの心にコーチが向き合い、大人も子どもも人として成長していけるチームを目指しています。

どんな家庭環境の子どもでも参加できるように、月謝を無料または最低限に抑え、「サッカーがしたい」子どもたちの気持ちに応えます。

2009年に静岡県伊東市で、2013年にはネパールのティミ市で、FCレアーレを設立しました。

子どもたちが、サッカーを通し、国や人種を越え、誰でもどんな境遇でもやればできる、ということを体感できる場にしていきたいと思います。

海外のプロサッカーコーチによる指導

より上のレベルを目指そう、という意欲を子どもたちがもてるよう、欧米をはじめ世界各国の代表チームやプロチームで活動しているプロのコーチを海外から招聘し、短期あるいは長期で子どもたちにプロによる指導を体験する機会を設けています。

子どもたちは、プロのコーチから直接サッカーの技術を学びながら、同時に、異文化に触れる機会、生きた英語を身につける機会、全く違う価値観に触れ、思考や視野を広げる機会を得ることができます。

サッカー先進国のコーチング技術をコーチたちが見ることで、コーチたちのスキルアップにもつながります。

クロアチアのハイドゥク・スプリットU-15ヘッドコーチや元メキシコU-18代表チームおよび元フィリピン代表チームのコーチをはじめ、イギリス、スコットランドのプロのコーチなど、これまでも多くのコーチを招聘しています。

教育型サッカー大会「レアーレカップ」企画運営

より上のレベルを目指そう、という意欲を子どもたちがもてるよう、欧米をはじめ世界各国の代表チームやプロチームで活動しているプロのコーチを海外から招聘し、短期あるいは長期で子どもたちにプロによる指導を体験する機会を設けています。

子どもたちは、プロのコーチから直接サッカーの技術を学びながら、同時に、異文化に触れる機会、生きた英語を身につける機会、全く違う価値観に触れ、思考や視野を広げる機会を得ることができます。

サッカー先進国のコーチング技術をコーチたちが見ることで、コーチたちのスキルアップにもつながります。

クロアチアのハイドゥク・スプリットU-15ヘッドコーチや元メキシコU-18代表チームおよび元フィリピン代表チームのコーチをはじめ、イギリス、スコットランドのプロのコーチなど、これまでも多くのコーチを招聘しています。

 

詳しくは「第1回レアーレカップ2019レポート」へ

 

積極的なスカウト支援

レアーレワールドでは世界を視野に入れ、積極的に海外のプロコーチとの独自のコネクションを築いてきました。そのコネクションを活用し、海外でのプレーやスポーツ留学を目指す子どもたちのために、積極的にスカウト支援や推薦を行っています。

ヒーロープロジェクト

途上国のプロサッカー選手が、途上国の子どもたちのヒーローとなるためのお手伝いをするプロジェクト。

日本のヒーローであるJリーガーのサッカー選手から、途上国のヒーローへ!

クオリティの高いシューズの入手が経済的にも流通市場的にも難しい途上国のプロ選手に、クオリティの高い日本のユーズドのサッカースパイクをダイレクトに届けるとともに、ヒーローであるために必要なハートや知識も伝えていればと考えています。

また、日本のヒーローが、率先して社会貢献することで、日本の子どもたちの意識を変えるきっかけをつくります。

 

詳しくはこちら

 

ワールドフレンズプロジェクト

ワールドフレンズプロジェクトは、家庭に眠っているまだまだ使えるけれど履けなくなった日本の子どもたちの運動靴やサッカーシューズを、靴を買えない途上国の子どもたちに届けるプロジェクトです。

サッカーシューズを介して、日本と途上国の子どもたちの相互理解と交流を目指しています。

 

詳しくはこちら

 

コーヒープロジェクト

ネパールの小さな農家で栽培された環境にやさしいオーガニックコーヒーを輸入販売し、環境保護や現地における就業機会の拡大に寄与。また、販売で得た利益は、ヒーロープロジェクトや、ワールドフレンズプロジェクトで集まったシューズを途上国に送る送料として使われます。

 

詳しくはこちら

 

国際交流プロジェクト

国際交流授業

スポーツ選手をはじめ、アーティストや社会人、学生まで、個性あふれるユニークな価値観を持った人材を海外から招聘し、日本の子どもたちと交流する場を作ります。

ネパールのおばあちゃんとネパール料理を作る会やチベット難民の話を聞く会など、レアーレワールドならではのユニークで、従来の価値観をひっくり返すほど威力のある出会いの場を提供します。

 

ネパールスタディツアー

単なる異文化体験にとどまらず、現地の人との深い交流を通し、人とは何か、生きるとは何か、そして自分は何者かを知るきっかけとなるスタディツアーを企画、提案しています。

◆日本での活動

ドリームプロジェクト

サッカーのプロ選手(元プロ選手)を招いてのワークショップや講演会にも力を入れています。

プロ選手の話を本人の口から目の前で聞くことで、プロとはどういうものか、プロになるには何が必要か具体的に感じられ、夢が現実の目標として明確になり、そこに向かって努力し、力強く進んでいける力を身につけるきっかけになればと考えます。

(女子ワールドカップ優勝経験を持つ川澄奈穂美さん、フリースタイルフットボールの日本三大大会で連続優勝した経験を持つプロリフティングパフォーマーの浅井徹さん、元Jリーガーの片岡洋介さん等さまざまなプロの方々に登場いただいております)

カルチャープロジェクト

英会話レッスン

英語を習得するというよりは、英語を使ったコミュニケーション能力の向上を目指したレッスンです。

自分の知っている単語で工夫して、いかに相手にとコミュニケーションが取れるか、柔軟性や人間力の向上を図ります。

音楽レッスン

音を使い自分を表現する方法のひとつとしての音楽を学びます。

音楽を通して価値観の違いを知り、認める力を磨き、人生を楽しむ方法を身につける場としていきます。

また、音楽の才能を発掘し、伸ばすことも将来的には行っていきたいと考えています。

キッズプロジェクト

未就学児を対象とした心と体の成長を促すプロジェクト。外遊びがしにくい現代の日本において、遊びながら身体を動かし、子どもたち同士が様々な体験を共有し、心と体を育むことができるようサポートしています。

書道クラス

を担う、日本が誇れる文化のひとつです。

人生経験豊富な年長者を講師に迎え、子供と年長者の方が交流でき、人生の先輩から貴重な経験を学ぶ場にしていきたいと思います。

 

アスリートのための食育

食がどのように体や心に影響を与えるのか?アスリートに必要な食生活とはどのようなものか?

小学生を始め、中学生、保護者に向けて「アスリート食育講座」を定期的に開催しています。

食生活についてはもちろんのこと、食を通して人としてどう生きるかまで学べる内容です。

 

メンタルコーチン(保護者コーチのための講座)

保護者とコーチにメンタルコーチングを受けてもらい大人が自己と向き合いその上で子どもたちとも向き合えってもらいたいと考えています。

さらには、保護者とコーチがチームとなって、子どもたちを一緒に育てる形を目指します

 

アスリートメディカル講習

アスリートメディカル講座は、外遊びが不十分なため身についてない身体の動きがある、現代の子どもたちのための講座です。

理学療法士によるケガを未然に防ぐ体の使い方を身につける講座や、運動による障害や痛みを緩和し怪我の治癒を促進するキネシオロジーテーピング講座など親子で学べる内容になっています。

 

講演

途上国の話や、夢を実現した人の話を通して「なんのために生きるのか」「なぜ自分はそれをするのか」をテーマに学校の特別授業や保護者を対象とした講演会を行っています。

◆ネパールでの活動

孤児院サポートプロジェクト

ネパールの孤児院を支援する活動は、最も古くから行なっている活動のひとつです。これまでは、お金や洋服、生活必需品の支援をしてきましたが、より意味のある支援方法を現在再構築中です。

パートナーシッププロジェクト

海外において意味のある草の根活動を行うことは、レアーレワールドだけでは困難です。

そこで、同じ考えや目的を持ち活動している現地の団体をサポートする活動も行っています。

2018年からは、ネパールのサッカーメディア会社ゴールネパールが行なっているMUGUプロジェクト(女子サッカーの振興を通して女子の地位向上と人間的成長を促す)を支援しています。

FOR KIDS

生きる上で大切な水の問題、手洗い、トイレ、ゴミ問題など生活の中にで改善すべきこと、フェアトレードについてなど、途上国の学校や課外で子どもたちを対象に授業を行います。

ネパなの

なぜ日本とネパールなのかとよく聞かれます。

 日本は私たちが日本の団体であり日本で生きているからです自分たちはもちろんのこと目の前にいる子どもたちが生き生きとしていなければ他の国の子どもたちをサポートできるわけがありません。

 そして『なぜネパールなのかですそこはレアーレワールドの前身であるフェアトレードショッ「ロロシトアがいろいろな点でネパールとご縁があったことからきています「ロロシトアにはネパールの商品がたくさん並んでいまこれらの商品の売り上げでネパールの子どもたちが夢を持って生きられる場所を手に入れられるのであれば、それは素晴らしいお金の回り方になります。

 代表理事である三好は自身のフェアトレードショップの買付けのために何度もネパールに足を運んでいます現地の実情を肌で知っており訪問を重ねる中で協力してくれるネパール代表のサッカー選手や現地の方々との出会いがありました。

 ま日本の子どもとネパールの子どもがそれぞれの生き方を知りそれぞれの国の良いところをシェアしあえたら生きていく上で人生がより素晴らしくより力強く豊かになるとも考えました。

 そして、将来的にはネパールだけでなくインドやツバルケニアフィリピンなど世界中でレアーレワールドのプロジェクトを展開していきたいと思っています。

 まずは日本とネパールから。

 そしていつか世界中の大人が協力しあって世界中の子どもたちを育てていくのが当たり前の世界になるまでレアーレワールドの挑戦は続きます。

◆必要に応じて行う活動

復興支援

被災地域に対し、レアーレだからできる支援がある時のみ、レアーレ主導で復興支援を行います。

 

2015年4月のネパール大震災に際しては、現地ですぐに動けるFCレアーレネパールの関係者が協力してくれたため、震災発生当日よりサントス・レアーレファンドを立ち上げ、復興支援を行いました。

 

詳しくはこちら

©2016 All Rights Reserved. NPO REALE WORLD.