ワールドフレンズプロジェクト
  • プロジェクト

ワールドフレンズプロジェクト

サッカーシューズから生まれる国境を超えたふれあい

レアーレワールドは、このプロジェクトを通して『使わない靴=捨てる靴』が当たり前になっている
日本の子どもたちのサッカーシューズや運動靴を靴を買えない途上国の子どもたちに届けています!

 

ワールドフレンズプロジェクトの目的

このプロジェクトでは、途上国に靴を届けますが、モノを寄付することが一番の目的ではありません。
靴を通して、全く違う環境にいる子どもたちの交流を図り、子どもたちの視野を広げることが大きな狙いとなっています。
それにより、感謝する気持ちや思いやりの気持ち、相互理解の大切さを身につける機会になればと考えます。

日本の子どもたちには…

  • ●モノを大切にする気持ちを育て、ゴミ問題、環境問題を考えるきっかけにしてほしい。
  • ●全く違う環境、文化の中で生きている子どもたちがいることを知る機会にしてほしい。
  • ●自分たちがどれほど恵まれた環境でサッカーをしているか実感する機会にしてほしい。
  • ●多国籍な世界の中で相互理解の精神で生きていくためのきっかけにしてほしい。

途上国の子どもたちには…

  • ●靴を得ることが、夢に向かって努力するきっかけになってほしい。
  • ●自分たちのことを気にかけくれる遠い国の友達の存在を知り、それを頑張る力にしてほしい。
  • ●スポーツに打ち込む機会を提供することで、ドラッグやアルコールに走ることを防ぎたい。
  • ●先進国と途上国の違いは何かを考えるきっかけにしてほしい。

ワールドフレンズプロジェクト参加方法

ワールドフレンズプロジェクトでは、『物品+送料』あるいは『送料』の応援をしてくださる方を随時募集しています!

参加方法は4つ

1:シューズ1足+送料500円
2:ユニフォーム+送料200円
3:送料をお金で寄付(1000円以上でご希望の金額をお受けしています)
4:コーヒープロジェクトのコーヒーを購入(コーヒー1袋でシューズ1足の送料)

海外へ荷物を送るには、送料と関税がかかります。段ボール1個分の荷物を送るにも2万円から6万円ほど(重さと場所により異なります)かかるのが現状です。
また、現地で、子どもたちの元へ運ぶための交通費や人件費もかかります。
そのため物品と一緒に送料の一部をご協力いただいております。
シューズ、ユニフォーム以外の送料につきましては、お問い合わせください。
上記ご理解の上、ワールドフレンズプロジェクトにご参加のほど、よろしくお願いいたします。

  

ご提供いただきたいのは、こんなサッカーシューズや運動靴です

どんなサッカーシューズを送ればいいの?という声をよくいただきます。
サイズが合わない、足にフィットしないなどの理由でほぼ新品に近いままのものがあれば大変ありがたいです。
使用したシューズであっても以下の条件をクリアしているものであれば、ありがたく使わせていただきます!

  • ●あらゆるサイズのシューズを受け付けています。
  • ●まだ十分使用できるものであること(破れている、交換が必要なくらいソールがすり減っているものは申し訳ありませんがNGです)
  • ●基準は『ギフトとしてもらって嬉しいかどうか』です。フリマアプリで販売できるかどうか、お下がりとして知り合いに譲れるものかどうかの基準で判断していただければと思います。
  • ●使用済みのものは洗ってから送ってください。

※地域によって変わってきますが、靴を送るには1足あたり1000円〜の送料が発生します。また途上国では中古であっても、ギフトであっても、海外から送られたものを受け取るために関税の支払いが必要になることが多々あります。
しかも、現地で安価な運動靴が購入できるという環境にあります。
これらのことを考慮して、わざわざ送料と関税を払って送る価値のある靴のみお送りすることになります。

衣類は原則として新品のみ受け付けています

質の高いアスリート用のシューズは途上国においては入手が難しいという現状があり、中古でもコンディションの良いものは喜ばれ、送料を払ってでも送る価値があります。
しかし、衣類は送料を払って中古を送るのであれば、現地で購入した方が良いケースも多いのです。そのため、ジャージなどの衣類は原則として新品のみ受け付けています。
トレーニングウエア以外の衣類に関しては、現地の生活スタイルによっては着用されないものもありますので、お送りいただく前に衣類の種類をご連絡ください。

レアーレワールドの活動は、
みなさまのご支援で成り立っています。
みなさまのご理解とご協力に感謝します!

自分たちの手で選別、パッキングし、届けています。

単にモノとしての靴を寄付するのではなく、寄付してくださった皆さまの気持ちも一緒に届けたいと私たちは考えています。

だからこそ、自分たちの手で送れる靴、送れない靴を選別し(残念ながら送料を使ってまで送れない靴もあります)、汚れている靴は手洗いし、ひとつひとつ大切にパッキングさせていただいています。

時間と手間はかかりますが、その分、責任を持ってちゃんと途上国に届けようという気持ちになるからです。

また、靴を届けるために自分たちで現地まで出向くことで、改善点も見え、現地で本当に必要とされているものが理解できます。

  

参加したい方、協力したい方、事務局までご連絡ください!

靴を集めるところから、それを途上国まで送り届けるまで、このプロジェクトを行うためには、多くの皆さまのご協力が必要になってきます。

参加したい方、協力したい方、コラボしたい方は、事務局までご連絡ください。

 

 

コーヒーを購入して、靴を送ろう!

現在、大変ありがたいことに、多くの方にご協力いただき、靴やユニフォーム、サッカー用具をたくさん寄付いただいております。

しかし、それを途上国に運ぶための送料が追いつかない状況です。

そこで、NPO REALE WORLDでは、コーヒープロジェクトをスタート。ネパールのコーヒー豆を輸入販売し、その利益を送料として活用させていただいています。
ぜひ、こちらも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

現地の団体との協働

海外において意味のある活動を行うことは、レアーレワールドだけでは困難です。
そこで、必要に応じて、同じ考えや目的を持ち活動している現地の団体と協働してプロジェクトを進めています。

現地の団体と協力して活動することで、現地で本当に必要にされているところに支援することができ、外国人が簡単に入りこむことができないローカルなエリアまで支援を届けられます。

【GoalNepal Foundation ゴールネパール基金】

ゴールネパールは、ネパールで唯一のサッカー専門ニュースメディアですが、ゴールネパール基金を設立し、ネパールのサッカー振興活動も行なっています。

その活動は多岐にわたり、青少年サッカー選手の育成、女子サッカー振興、農村における公立学校でのサッカークラブや地域のサッカー協会の支援等々となっています。

レアーレワールドでは、2018年より、主に女子サッカーや農村部の青少年サッカー振興のため、ボールやユニフォームの寄付による協力をしています。

【Ruma Foundation ルマファウンデーション】

ケニアのLambwe(首都ナイロビから東にバスで約9時間の村)にある団体で、孤児や貧困層の子どもたちにサッカーを教えるだけなく、生活指導も行い、彼らの自立を促す活動をしています。

団体の代表は、サッカーの元ケニアユース代表選手であるボビー氏(Bobby Ogolla Odongo)。

「サッカーを通し、人生は努力次第で変えられる、そのガイド役をしていきたい。そのためにRuma Foundationを作った。自分がロールモデルとなり、子どもたちを育てる活動をしていく」と語るボビー氏の信念は、レアーレワールドの活動に通ずるものがあります。