• FCレアーレ Japan
  • 食育講座

食育講座の岡田竜一先生が 『ジュニアSoccer clinic 2020』に登場!

食育講座の岡田竜一先生が 『ジュニアSoccer clinic 2020』に登場!

2020年4月23日発売の少年サッカーの指導者と保護者のための育成専門誌『ジュニアSoccer clinic 2020』に、食育講座でお世話になっている岡田竜一先生の記事が掲載されています。

「体を大きくする食事の仕方」というタイトルのこの記事では、〝身体を大きくするには〇〇を食べるといい〟ということではなく、身体が大きくなりにくい「原因」をチェックリストなどを使って探っていく内容で構成されています。

新型コロナウイルスの感染拡大で、リアルな練習が出来ないことはとても残念ですが、今こそ、じっくりと自分の身体と向き合う絶好の機会とも言えます。

そう考えると、私たちは、素晴らしいタイミングで岡田先生の記事を私たちは手にすることができますね!
ぜひ、お手元に取り寄せて参考にしていただきたいと思います!

●少年サッカーの指導者と保護者のための育成専門誌
『ジュニアSoccer clinic 2020』
(ベースボール・マガジン社発行)

その岡田先生から、子どもたちへのメッセージをいただきました!

「難しい状況だからこそ感謝の心を大切に♫
食事の時、1回噛むごとに
『あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す』
とカウントすると10回噛むことができます。
1口につき3回感謝して食べると栄養素の消化・吸収が良なり、身体に変化がみえるかも?
次の食事から実践してみよう^ ^」

さあ、今日から早速始めてみましょう。
未来、輝く自分のために!


Ryuichi Okada, a lecturer of the food education course,
Contribute to “Junior Soccer clinic 2020”!

Ryuichi Okada, an instructor of our food education course, was published in “Junior Soccer clinic 2020”, a training magazine for youth soccer leaders and parents.

In an article titled “How to Eat Your Body”
It does not mean that you should eat this food to make your body bigger, but it is made up of contents that you can use a checklist to find out the “causes” that make your body hard to grow.

For children, now that their activities are limited and they cannot practice, it is a great opportunity to carefully face their bodies.
We would like children to refer to Mr. Okada’s article and work on physical development.

“Junior Soccer clinic 2020”
(Published by Baseball Magazine)

Message from teacher Okada to children

“Be gracious because it’s a difficult situation.
Each time you chew at meal time

“A・RI・GA・TO・U・GO・ZA・I・MA・SU”

This means 〝Thank you 〟 in Japanese.

You can chew 10 times by counting. Eating gratefully three times per mouth may improve digestion and absorption of nutrients, and you may see changes in your body. Let’s practice from the next meal ^ ^ “

Let’s get started today today for your future.