• FC REALE Japan
  • REALE CUP
  • REALE Philosophy

子どもたちがモチベーション(意欲)を持って努力できる環境をつくる

子どもたちがモチベーション(意欲)を持って努力できる環境をつくる

サントス理事から笑顔でトロフィーをもらっているのは2年生のヤマキ君。先月のレアーレカップU8で、トップスコア賞に輝きました。

当日、トロフィーは1つだったため、ヤマキ君には、当日は我慢してもらい、練習の時に、サントス理事から改めて表彰とトロフィーを授与してもらいました。

サントス理事は子どもたちに向かって語りかけます。

「なぜ、トロフィーがもらえると思う?」
「努力する、そして、結果が出せたら、いろんなところで表彰してもらえるんだ」
「みんなの練習を見ていて思っていたことがある。
それは『この練習で、絶対に上手くなるんだ!』そういう気持ちで、意欲的に練習に取り組んでいる子を、今まで見たことがない、ってこと」

ストレートな言葉。
プロの目から見たことを、子どもたちに伝えます。

「コーチに言われたことをしているだけでは上手くはならないよ。
いい?
練習というのは『どうすれば上手くなれるだろう』って自分で考える。
自分から練習する。
レアーレに来ている時だけ練習しても上手くはならないからね」

サントス理事には、自分の経てきたいろんな経験があります。
経験に裏打ちされた指摘やアドバイスは、子どもの心に響いていきます。

ヤマキ君にはサントス理事からシューズも贈られました。
「いつもは対人を怖がってしまうヤマキ君が、今回のレアーレカップでは怖がらなかった。一所懸命に向かっていっていた。その姿に感動しました」

授与されたヤマキ君は、みんなの前でお礼の言葉を述べました。
「僕がこうして得点を取れたのは、みんながいてくれたからです。みんなの力のおかげです。ありがとうございました。」

笑顔と言葉、とても素晴らしかったです。

レアーレワールドの私たちは、

  • サッカーが好き
  • もっと上手くなりたい
  • もっと強くなりたい

子どもたちが、自分の思いに気づいた時、いかに実現に向けて自らを進めていくのか、いかに自分に新しい世界を見せ続けていくのか、子どもたちがモチベーションを持って行動を選択し、努力し続けること、そして、その中に見出す、嬉しさや喜び、さまざまな感情と気づきを、多様な大人たちの関わりの中で、サポートしています。

それができる環境を、常に創造し続けるべく、大人たちも努力を重ねています。
皆様の応援に感謝し力に変えて、これからも、ますます、頑張ります!!!!!