• Coffee Project

「ヒムカフェ」が、国際空港の「一品一村マーケット」に!

「ヒムカフェ」が、国際空港の「一品一村マーケット」に!

レアーレワールドがネパールから輸入販売しているオーガニックコーヒー「ヒムカフェ」が、成田国際空港と関西国際空港の「一品一村マーケット」で取り扱っていただけることになりました。

「一品一村マーケット」は、ジェトロ(日本貿易振興機構)が経済産業省とともに推進している「一村一品運動」の活動の一環として、成田国際空港と関西国際空港に設置されたショップです。開発途上国の特産品を日本の人々に広く知っていただくため、日本の空の玄関である空港ビルディング内で、アジアやアフリカ産のアクセサリーやハンディクラフト、加工食品などを販売しています。
また、今年からは、オンラインショップもスタートしています。

『アジア·アフリカ等の開発途上国の人たちが自ら誇ることのできる特産品を発掘し、地域ぐるみで自立的かつ持続的に世界に通用する商品作りができるようにすることを目指している』という「一品一村マーケット」の取り組みは、レアーレワールドの目指すものとも大きく重なっており、「ヒムカフェ」を取り扱っていただけることを、とても嬉しく思います。

レアーレワールドでは、ネパールの雇用促進のため、ネパールで生産~パッケージまで行われているオーガニックコーヒー豆「ヒムカフェ」を輸入販売し、その利益で、ネパールの経済的に厳しい家庭の子どもたちに靴を送っています。
「一品一村マーケット」で紹介されたことにより、より多くの人々に、ヒムカフェを知っていただければと願います。
空港を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。

※「一品一村マーケット」のオンラインショップはこちらになります。
こちらのオンラインでは、豆250gのみの取扱となっています。

ヒムカフェ以外にも、アジア・アフリカのハンディクラフトなどが紹介されていますので、ご興味のある方はぜひ、ご覧ください。

※レアーレワールドが運営するヒムカフェオンラインショップはこちらになります。

ヒマラヤの国からやってきたフルーティな後味でとても飲みやすいコーヒーで、普段あまりコーヒーを飲まない人でも、飲みやすいというお声をいただいています。ぜひ、一度お試しください。
250g豆以外にも250g粉や、ドリップパック、ネパール産コーヒーカップも取り扱っています。